〒507-0901岐阜県多治見市笠原町1222番地の2

                                                      TEL 0572-43-3121 FAX 0572-44-2250

焼物の外装タイル、床タイルをおもに生産しています。

商品カタログ クールアイランド 会社案内 会社沿革 お問い合わせ      採用情報


タイルができあがるまでの製造工程を御紹介致します。

☆原料

 

原石の長石、陶石、粘土に水を加え、トロンミルにて微粉砕し、スプレードライヤー乾燥機に より、水分を蒸発させ、顆粒状の粉に造粒します。
顆粒状にした原料
☆成形
顆粒状に造粒された原料を200トン〜1,500トンの成形用プレス機の金型に加圧し、ビスケット状の生素地を成形します。この時裏面には接着性を高めるための凹凸をつけます。
600トン自動油圧成型プレス 成型プレス取り出し装置  成型品
☆施釉
成形された生素地の表面に自動スプレーガンで幾種類かの釉薬を吹き付けます。釉薬はタイルの顔をつくるものです。入念な調製が必要です。なお、素地に色を付けた無釉タイルについては、そのまま乾燥工程か、焼成工程にゆきます。

スプレーノズル 

施釉ブース内   

施釉前後の状況

 

☆焼成
施釉された生素地及び無釉素地を約1270゜Cの高温で焼結させ半製品とします。半製品が焼き上がるまでの焼成時間は約20時間です。トンネルキルン、ローラーハースキルンとも、集中管理室において、コンピュターで制御されます。
焼成キルン  焼成前と焼成後の寸法比較

☆選別

半製品の1枚1枚について、寸法・色・ひび割れなどの全数検査を行います。検査を通過した製品は、バラ詰め包装と台紙貼り加工製品とに区別されてゆきます。

選別工程

☆ジャンブル
受注ロットぶんの選別が終了するまで、半製品として在庫します。全製品の選別が終了すると日付けにより、タイルを混合します。
半製品自動ラック倉庫
ユニット加工または、バラ詰め包装
施工しやすくするため貼り板などを用いて、透水紙に張って包装します。また、サイズの大きいタイルは、ユニット加工されずに、光沢、色調の選別をしながらバラ詰め包装されます。

  

ユニット加工 

☆検査
品質管理部門において、包装された製品の外観、寸法、強度、表示などを入念にチェックします。
寸法検査 外観検査