〒507-0901

         岐阜県多治見市笠原町1222番地の2 

        TEL 0572-43-3121 FAX 0572-44-2250

焼物の外装タイル、床タイルをおもに生産しています。
商品カタログ 通販品紹介 会社案内 会社沿革 お問い合わせ

 

美濃焼クールアイランドタイルの紹介      2009年4月



太陽光を上空に反射し、都市蓄熱を解消してヒートアイランド現象を緩和します。

 

 

都市温暖化は都市部で異常に気温が高くなる現象であり、都市の大規模化と構造に起因しています。
その仕組みは、壁面に到達した太陽光がその吸収率に応じてピル躯体に侵入(蓄熱)するほか、その反射率に応じる 反射分は道路に向かいます。アスファルトの吸収率が95%と高いため、結局、都市に降り注ぐ太陽熱の多くはピル躯体と道路に蓄熟されます。現在の都市構造は「高性能太陽集熱器」になっていると言えます。
地球逼暖化も人類の活動に起因する点で根本は同じですが、CO2震度が増加してもC02自体が発熱する訳ではありません。

いずれにしても、気温上昇の熱源は太陽熱です。

 

 

都市湿暖化の原因となる熱源は太陽熱です。都市混暖化対策はその太陽熱を反射し、天空に返すことによって、都市内部に蓄熱しないことです。C02排出量を削減して湿室効果を抑制すると同時に、都市混暖化対策を推進し、人々にとっで快適に暮らすことのできる気混を確保することです。 

 

   太陽熱反射都市冷却理論

 

登り角30度/下り角45度の反射リブが、太陽光を効率よく天空に反射し都市内部への蓄熱を軽減します。

クールアイランドタイルの2大特長は、表面に特殊な角度で設けられた反射リブと、高い反射率(50%以上)を有する釉薬にあります。
下の実験写真のように、従来のタイルは太陽光を入射角と同じ角度で路面に向かって反射するため、路面を加熱・蓄熟します。
クールアイランドタイルは、入射する太陽光を表面に形成された反射リブで天空(宇宙)に向けて効率よく反射します。

 

   

 

反射リフ゛の角度[登り角30度/下り角45度]は、日本のさまざまな日照条件の中で、もっとも効率よく太陽光を反射し、クールアイランド効果を発揮できるよう研究された結果です。

タイル表面の昇温比較実験で碍著な効果が実証されました。名古屋工業大学にて、太陽の代替として白熱灯を光源とする昇温テストを行った結果は下ような好結果が得られている。グラフの通り、反射率15%の従来の濃色系タイルは78℃まで昇温したのに対し、反射率70%のクールアイランドは48℃に留まりました。その差は30℃で、環境への顕著な冷却効果が確認されました。

公共建築物から、マンション、一般住宅まで、建築ニースにマッチした形状を提案します。

 

 

●上記以外の形状も製作できます。各社にお問い合わせください。
●クールアイランドタイルは上下の方向性があります。タイルおよぴユニット紙に記載された上下方向を厳守して施工してください。
●ユニットタイルは、紙はがし後の糊の拭き取りを必ず行ってから目地詰めを行ってくださし1。凸面のため目地の拭き取りは入念に

   行ってください。
●正しい施工をすることによってクールアイランドタイルの効果を最大限に発揮できます。
●曲り、屏風曲りなどの役物はすべてフラット面となります。

 

反射率の高いカラーパリエーションをご用意しています。
                            

 

 

実際の建造物における屋外実験棟シミュレーションを実施し実証データを収集しました。

実験室でのデータより、さらに実際の建造物における効果を実証するため、日本一暑い街「多治見」に実験棟を設営し、各種データの収集と、その分析を行いました。その結果、日射による昇温抑止効果、冷房電力の低減効果などに好結果を得ることができました。

■実験場所:多治見市東町「セラミックパ−クMINO」屋上
■実験期間:2008年9月7日〜30日
■装置槻要:W4.8×D2.47×H2.76mの実験棟2棟を設営し、外壁に従来タイル(茶系)とクールアイランドタイル(白系)を施工して各種     比較実験データを取った。
■測定装置:温度は熟電対T型、日射強度は全天日射計で測定した。記録と再生はデータロガーGL200で行い、解析はExcelで行った。

   

 

 

明らかに実証された「クールアイランド効果」
実証データ1
【壁面の昇温抑止効果】 
南壁面の最高湿度の差は11℃従来タイル53℃/クールアイランドタイル42℃となり、クールアイランドタイルの建造物の表面湿度低減効果が実証されました。

  

  その差は0.25kWh/日、低減の比率は22%で、冷房負荷の顕著な軽減効果が実証されました。

 

実証データ2
【冷房電力の低減効果】

実験棟の冷房消費電力葦は、クールアイランド棟:0.88kWh/日

             従来タイル棟   :1.13kWh/日

ク−ルアイランドタイルが持つ7つの効果
 

  <都市温暖化抑制>

 @都市外皮を直接冷却する効果(ビルを直接冷やす)
 A太陽熟を宇宙に反射する効果(熱を宇宙に排出)
 Bビル周辺への放熱低減効果(大気の加熱低減)
 

  <省工ネ、顧客メリット>

 C冷房設備容量を低減する効果(電力ピークカット)
 D冷房消費電力の低減効果(電気料金節約)

 

  <地球温暖化抑制>

 ECO2排出量を削減する効果(発電に伴うCO2削減)
 F燃料資源を節約する効果(発電燃料の節約)

 


 

Q&Aクールアイランドタイルの機能について、さまざまな疑問・質問にお答えします。

 

Q1 どんな原理で都市の温暖化を減らすのですか?

     地球温暖化の熱源は太陽光。そして太陽光は物質に吸収されてはじめて熱に変わるのです。そこで、光が熱に変わる前に

     上空(宇宙)に跳ね返してしまおうというのがクールアイランドタイルの原理です。そのためにもっとも効率の良い角度の

     反射リブと、反射率の高い釉薬を用いています。

 

Q2 太陽光を反射させることと、温暖化防止の関係を分かりやすく説明してください。

     太陽光は建物や道路や地面に吸収された瞬間に熟に変わります。吸収した物質の体積や面積が大きいほど蓄熱量も大きく

     なります。いちど発生した熟は地表から大気圏内にこもってしまいます。いわゆるCO2などによる温室効果と呼ばれるものです。

     光は熱と性質が異なるもので、地球まで届いた太陽光は、同じ理屈で宇宙に返せます。ですから光が熱に変化する前に、

     光の状態のまま反射させてしまうことが都市の蓄熱・温暖化防止にとても有効なのです。

 

Q3 反射した光は本当に宇宙に返せるのですか。大気中にこもってしまうのでは?

     光は宇宙に返せます。クールアイランドタイルの最大の特長は、夏季の過剰な太陽熱が都市内部に留まらないよう、宇宙に

     向けて反射するように設計されていることです。反射された太陽光(熱)は1秒後には30万km彼方です。都市内部に蓄熱される

     はずの大量の熱を宇宙に直ちに汲み出す方法は他にはありません。なお、クールアイランドタイルでは太陽高度の低い冬季に

     は路面に向かって反射して、都市全体としては太陽熟を利用するように設計されています。 

 

Q4 建物と路面の蓄熱を軽減するだけで地球温暖化対策になりますか?

     建物や路面温度の低減→冷房負荷の低減→電力の節約→発電に伴うCO2の排出削減→CO2による温室効果の改善→

     地球温暖化への歯止めと改善、といったサイクルが生まれます。
     温暖化対策は、さまざまな要素を持続可能なサイクルとして構築していくことが大切です。あらゆる業種、あらゆる生活場面での

     工夫の積み重ねなしには、温暖化への歯止めは実現しません。

 

 

Q5 大波・中波というリブ形状の違いで効果に差がありますか?

     効果は同じです。タイル表面の反射りブは登り角30度/下り角45度という厳格な設定があるため、リプの本数が多いと深さが

     浅くなり、本数が少ないと深い谷になります。したがって反射総面積は、どの形状でもすべて等しくなります。

 

Q6 白以外の色では効果がありませんか?
     ご紹介したカラーバリエーション内で、反射率に応じた効果を発揮します。クールアイランドタイルでは建築意匠上のニーズへの

     対応性を高めるため、反射率50%以上を基準としています。ちなみに通常コンクリート面の反射率は20%程度、アスファルト

     面では、わずか5%で実に95%もの太陽熟が吸収されています。

 

Q7 白系統で、しかもリブ面だと汚れ対策が気になります。
     通常タイルと同様に汚れ対策加工ができます。現在、各社が多種多様な防汚技術、セルフクリーニングの加工技術を持って

     おりますので、詳細は各社にご相談ください。

 

Q8 クールアイランドタイルの普及によって期待できる最大の効果は?

     この100年間で日本各地の気温は2℃上昇しています。それに伴ってヒートアイランド現象が促進され、真夏の最高気温が

     更新され、熱中症が多発しています。名古屋工業大学では、日射量と気温変化の相関関係(下表)に基づいて、(たとえば名古屋

     市全域の太陽光を20%反射できれば、気温は2.8℃下がる)という仮説を立て、さらなる「太陽熱反射都市冷却理論」の研究を

     推進しています。

<施工実績>
レストラン/ビーナス&マーズ(岐阜県/岐阜市)
十六銀行ATM本町オリベストリート(岐阜県/多治見市)
おりベネットワーク株式会社本社ビル(岐阜県/多治見市)
国土交通省中部地方整備局多治見砂防国道事務所新庁舎(岐阜県/多治見市)
東濃信用金庫豊山支店(愛知県/西春日井郡)
   

<環境配慮契約法>の概要

地球温暖化への国際的な取り組みとして、1997年に議決された京都議定書が2005年に発効し、2008年より

第1約束期間を迎えた。日本は1990年比6%の温室効果ガス削減義務を負っている。この間、公共・企業が

冷暖房温度の見直しやクールビズの提唱、また省工ネ・省電力タイプの製品開発などの努力を続けてきたが、一方

OA機器の増加、住宅床面積の増加など消費電力の増加要因も加わって目標以上の数値を追加的に達成しなければ

ならない状況にある。こうした現況を打破するために2007年5月に 「環境配慮契約法」が議員立法で成立し、

11月22日より施行された。同法の要旨は、これまで価格競争入札が 一般的であった公共機関の会計制度を見直し、

製品やサービスの選定契約に際し、環境と価格のバランスのとれた契約形態を推進していくというものである。

よってクールアイランドタイルの使用についても、この対象となる。

美濃焼クールアイランドタイル振興会
TEL:0572-43-3218 FAX:0572-4-4734
〒507−0901岐阜県多治見市笠原町2827−1